Welcome to My Home Page
トップページへ

ペットハウスワイエム内
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢3丁目4番地11
Tel. 025-785-6011

愛犬とゲレンデで楽しもう!

2018 第10回スラロームDOGスキー&そり大会のご案内

10回目の記念大会を愛犬と貴方に!
今月中旬の寒波で11月19日(日)平地でも雪が降り22日は−2度を記録する朝の気温は0度〜2度前後で標高の高い山の上では確実に雪になっている。十分な雪が降り23日には三俣かぐらスキー場がオープンした田代エリアを除くかげら10年ぶりの全面滑走が可能となった湯沢は早くもスキーシーズンに入った今年は雪不足の心配はしないで済みそうだ多からず少なからずの降雪を望む!自然任せで心元ない。2018年の10回記念大会は色々の要素を加味して3月4日(日)に変更することに決め準備している。雪の量にもよるがコース内にウエーブを1個作り面白いコース検討している。2月の雪と3月の雪では雪質が違い滑走タイムにも影響する波乱が起きる可能性もあり、開催日変更は凶か吉か興味が有る。アイスバーンも困るがザラメ雪はエッチが無い犬ぞりの「そり」はコント―ルールが難しい。新雪で圧雪したコースがやはり適しているが天候と自然は分からない。降雪量にもよるが上部の壁を低くし10回大会は従来道理のコース整備を予定しています。

現在、小型犬が圧倒的に多く、家族の一員として飼主と一緒に楽しめる小型犬のDOGスポーツは少ない。数回の大会を通じて少しずつ雪上のドッグスポーツが浸透してきた。経験やアンケート・成績表を参考にクラス別の体・体重の基準変更を行い参加しやすい様に工夫している。大会を開催して確信したことは、ファミリースキーの楽しみ方、犬とのスキー競技の未来を感じ、よりこのスポーツの楽しさ面白さ可能性を何時も実感している。ファミリーである犬と一緒にドッグスキーが楽しめれば更なる家族の絆が深まりよい結果が得られると確信している。ドッグスポーツを広める事は犬の健康管理、食事管理、しつけ、マナー等が良くなり飼い主、社会にも良い結果が得ら地域活性化、スキー場の活性化にも繋がると考えています。今回は「躾」の基本の「また」を新たに種目入れ誰ども参加しやすい様に参加費も1コイン(500円)にした。アイディアを出し多くのスキー場で犬とのイベントを受け入れてくれることを願うばかりです。スキー場の緩い斜面を利用する事によって犬に負荷がかからず子供から大人までレベルに応じた滑りで楽しめます。大会ではチワワ、ヨーキー、T・プードル、M・ダックスと小型犬が完走している。13歳の大型犬も完走している。 犬を長寿に導くには「食事」「運動」「定期的な予防」が必要で、犬の健康には野菜より肉中心の食事の方が望ましいと言われている。フードの材料にも注意が必要である。 又、運動できる環境を与える事がストレス発散と運動不足の解消を促進することが大事で、冬のスラロームドッグスキーは打って付けのスポーツである。競技ではスキー経験豊富な方やスキー技術を持った方が有利になる事は言うまでもありませんが、愛犬が加わる事により愛犬の能力を如何に引き出すか普段の犬とのコミュニケーションとテクニック、犬の健康管理が総合的に試されます。 スキー場のゲレンデを利用した新しい冬の競技を愛犬と家族の絆を深める楽しいスポーツとして、スキーのメッカ「雪国」湯沢から10回目の記念大会を発信し、全国各地にスラロームDOGスキー&そりが広まって行くことを切に願うものです。 全てが挑戦しなければ始まらない、見るより参加し体験する事が一歩の始まりです。愛犬と飼い主が雪上で1日絆を深めて楽しんで頂ければ幸いです。
皆様の、チァレンジ精神を、お待ち申し上げます。

雪国DOGスポーツ大会 実行委員長 橋道夫



1人につき申込み用紙1枚に記入してください。締切前はできるだけ郵送でお願いします。

第10回(2018年)スラロームDOGスキー&そり大会実施要綱(PDF File)
第10回(2018年)スラロームDOGスキー&そり大会参加申込用紙(PDF File)

第1回のスラロームDOGスキー&そり大会はYou Tube―さとッチ! Watch284 昨年TV放送された物が見れます。スラロームDOG大会で検索

◎第3回スラロームDOGスキー&ソリ大会 松本だいすけ君チーム参加。
◎第4回スラロームDOGスキー&ソリ大会後にJIPPEI(じっぺい)弟がスラロームDOGに挑戦



FIS スキーワールドカップ男子大回転苗場大会 2016年2月13日撮影
(クリックすると拡大されます。)


日本初開催 FIS スキーワールドカップ苗場大会 1973年3月13日撮影
大会会場の様子

ゴール付近から、中央リフトと林左側が競技コース、
林を過ぎると傾斜が緩くなります。

緩斜面途中からの競技コース上部

スタート地点からの第6コース全景

林を過ぎた地点から下り緩斜面
大型犬ブティーとテェピングで
足を保護する様子
スノーモービルでリヤカーを引いて選手と愛犬を上げる様子
この行に掲載されている3枚はクリックすると拡大されます。


第4回大会が掲載されています。
購入は、(株)新ジャーナル社 電話:03-6803-2377