Welcome to My Home Page
参加者は笑顔で楽しんでいました

--- 第7回大会結果 ---

トップページへ

ペットハウスワイエム内
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢3丁目4番地11
Tel. 025-785-6011

●冒頭に色々の様相が重なり遅れたことを、深くお詫び申し上げます。●
第7回大会は土曜日の準備から天候が悪く当日はテントもネットも張らずのぼり旗のセット仮のネットをセットし即、練習に入った明日までの降雪量が80センチの予報が出ていたので撤収の事を考え雪上ドックランを造らないことにし極力簡単に出来る様に考えた大会でした。準備は大会当日に集中しましたが中里スキー場のスタッフ5名と参加者の協力で何とか間に合わせ、星野 透 新会長の挨拶から始まり試走を済ませて15分遅れで第1走者が雪降る中で9時55分に元気な鈴木・けんチーム(M・ダックス・オス・5歳)がスタートし1回目1分17秒96、2回目1分32秒04でゴールし合計タイム2分50秒00で直ぐに積もる深い雪で昨年より33秒88遅いタイムでしたした。総合では何位に入るか? 中型の部は渡辺・くぅチーム(コイケルフォンディエ・メス6歳)が1回目50秒85、2本目52秒33、合計タイム1分43秒18で昨年の優勝に続き今年も制しました。屋代・パラチーム(MIX・メス・9歳)が1本目58秒81、合計タイム2分00秒38で2位に入り相変わらず安定したチームです。3位には柏木・才蔵(M・シュナウザー・オス・4歳)が1回目2分22秒75、2本目1分42秒09の合計タイム4分04秒84で入りました。二宮レート(M・シュナウザー・オス・3歳)が合計タイム4分43秒57で特別賞の設定タイム4分30秒に1番近いニア賞を受けました。単純ミスがあり深くお詫び申し上げます。大型の部は大澤・七之助チーム(ラブ・オス・4歳)が1本目42秒12、2本目44秒11で、合計タイム1分26秒33で昨年に続き優勝し、1回目に出した42秒12で最速賞にも輝きました。2位には合計タイム1分31秒60で藤代(千)・ミトチーム(B・コリー、オス・1歳)が入りました。9歳のユパに変わりデットヒートが今年もありました。初参加の佐藤バロン(B・コリー・オス・3歳)が素晴らしい走りで53秒04、2本目に49秒44を出し合計タイム1分42秒48で特別賞に輝きました。 同じく初参加の荒木ダイサク(G・レトリバー・オス・2歳)が56秒01、51秒31の合計タイム1分47秒32で特別賞の(ゆっくり1賞)を受賞しました。参加者がすくなく敢闘賞を用意していなく渡しましたが、タイム的には5位(ゆっくり1賞)より敢闘賞がふさわしい活躍でした。楽しみなチームの参戦で次回に大いに期待し参加すれば上位争いに加わる事と思います。
オープンの部は西村橘花(MIX・メス・6歳)本人体調不良で棄権した為、唯一スノボーで参加していた二宮アイスチームがタイム的には掛かりましたがラッキーなメダルを獲得しました。参加していると幸運が転がり込むことが有ります。又、小型・中型犬でもスノボーの方は、オープン部門にエントリされた方が上位になる可能性が増します。小型ショートの部は鈴木けん(M・ダックス・オス5歳)が47秒31、46秒94の合計タイム1分34秒25で、2位には鈴木茶太チーム(チワワ・オス・4歳)が54秒91,41秒62の合計タイム1分36秒62で入り2本目の41秒71は小型Sの最高ラップでした。鈴木夫婦がワン・ツウ・フニッシュで3位には初参加の斉藤ミエチーム(チワワ・オス・3歳)1分18秒、2本目56秒で3位に入りました。深い雪の中を物とせずライダー犬に相応しい走りでした。前日練習も効果が大でした。ゲレンデに慣れトレーニング代わりの結果かと思われます。プラそり(ハンディ)レースはハンディが功を奏し、1番軽量の鈴木けん(M・ダックス、5,8Kg)チームが2回目に19秒03を出し優勝しました。2位には藤代ミト(B・コリー、オス・1歳・ハンディ11秒)が2回目の10秒57の合計21秒58で入り、3位には二宮レート(M・シュナウザー、オス、7,3Kgハンディ2秒)2回目の20秒18+2秒で3位に入りました、当日表彰した時は、ハンディを加算されてない順位で発表し申し訳ありませんでした。ハンディが微妙に出ています。パン&ジャーキーToTo競争は参加者からの要望もありデビフ(株)より「やわらかビーフスライス」を多く協賛頂き競技で使いました。夢中に食べているワンちゃんがいて飼い主も試案していました。メダルには届かなかったかもしれませんがゴール後のToTo(景品)は良かった事と思います。屋代パラチームが20秒47で優勝し、2位には鈴木けんチームが3個目のメダルを獲得し小型犬での活躍が光りました。3位には長岡市からの参加の丸山ブランシュ(W・シェパード・メス3歳)が入り、プラそりの走りも良かったチームです。 時折強風と雪が舞う中、参加者、ボランティアスタッフ、湯沢中里スキー場のもと大会が無事終えたことに感謝申し上げます。 協賛企業(白瀧酒造、デビフペット、アナメイト、サンビィジュ湯沢水工房、他)後援各社・団体に厚く御礼申しあげます。  次回の挑戦、参加を心からお待ち申し上げます。

雪国DOGスポーツ大会実行委員長  高橋道夫
連絡先 E-Mail:yukigunidogs21@rhythm.ocn.ne.jp

追伸 写真の注文は湯沢フォトサービス  電話025(784)3740 E−mail yps@cocoa.ocn.ne.jp


第7回大会結果表(PDF File)


総合優勝 大澤玲・七之助チーム

中型の部優勝 渡辺明・くぅチーム
1本目の50秒85の走り

大型の部優勝 大澤玲・七之助チーム
1本目の42秒12の走りで最速賞にも輝く

小型ショート部優勝 鈴木裕子・ケンチーム
2本目46秒94の走り

コース全景 本部テント前に集る参加者 参加者の控えテント 前日の試走後の様子
星野新会長の挨拶 受付の様子 開会式 ゴール付近スノーダンプで均す
本番前のテスト走行の様子
今年もゼッケン1番は鈴木けんチーム M・ダックス オス 6歳 2番 渡辺くぅチーム コイケルフォンディエ メス 6歳
3番 二宮レートチーム M・シュナウザー オス 3歳 4番 屋代パラチーム MIX メス 9歳

5番 柏木・才蔵チーム M・シュナウザー オス 4歳 6番 二宮アイスチーム M・シュナウザー メス 5歳
7番 萬代ユパチーム ボーダーコリー オス 9歳 8番 荒木ダイサクチーム G・レトリバー オス 2歳
9番 佐藤バロンチーム ボーダーコリー オス 3歳 10番 大澤七之助チーム L・レトリバー オス 5歳
11番 藤代ミトチーム ボーダーコリー オス 1歳 17番 鈴木ケンチーム M・ダックス オス 4歳
16番 斎藤ミエチーム チワワ オス 3歳 17番 鈴木茶太チーム チワワ オス 4歳
21番 高橋ポニーチーム MIX メス 9歳 旗門を通過する両雄
スラローム プラそりの部 ハンディレース
スラローム 愛犬と一緒 パン&ジャーキー食い TOTO競争
中型犬の部 渡辺くぅチーム(中) 大型犬の部 大澤七の助チーム(右) 小型ショートの部優勝
鈴木けんチーム(中)
プラそりの部優勝
鈴木けんチーム(右)

オープン部優勝
二宮アイスチーム

パン食いTOTO優勝
屋代パラチーム(中)

特別賞のチーム
湊屋藤助(白瀧酒造)
デヒフ商品詰合せ(デヒフペット)
DOGフード(J・アナメイト)
中里スキー場1日券(ペア)
塩沢産コシヒカリ
総合優勝 大澤七之助チーム
湊屋藤助(白瀧酒造)
デヒフ商品詰合せ(デヒフペット)
DOGフード(J・アナメイト)
中里スキー場1日券(ペア)
塩沢産コシヒカリ
飲む健康温泉水(サンビイジュ)
<