Welcome to My Home Page
トップページへ

DOGスタジオ1
オリジナル商品紹介
ペットハウスワイエム(犬・猫専用ホテル)
ペットの写真
Y.M ANJEL.JP犬舎
預かり猫特選
仔犬情報
我家の犬達のあゆみ

犬に良い場所、湧き水
ペット2010年 夏



ペットハウスワイエム
新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢3丁目4番地11
Tel. 025-785-6011

レーシングS・ハスキー、ボーダー・コリー専門

現在のシベリアン・ハスキー
ショータイプ・・・日本に入って来た多くのS・ハスキーがこのタイプ
そりを引くランナータイプ(レーシングタイプ)・・・作業意欲や欲望が高いタイプ
ショータイプもレーシングタイプも元々は同じでした。 いつのまにか古典的な作業犬としてのS・ハスキーと、 近代的なショードッグとしてのS・ハスキーが勝手に一人歩きしてしまった事です。 当犬舎も当初は、KOMEEK'S、KONTOKI'S、KARNOVANDA'S、INNISFREE'S、KAILA'S 等のアメリカ・カナダの犬舎の犬が主流でしたが、今現在は、ALASKAN'S犬舎の 系統の犬になりました。犬ぞりの本場、アラスカのS・ハスキーの名門アール・ノリス、ナタリー・ノリスのアラスカン犬舎の血を受け継ぐ、 誇り高き「アナディール」のより良い性能と素質を受け継いだ遺伝子を持つ、 アラスカの1800kmのアイデタロッドレースを何回も完走している血統の犬達です。 当犬舎は日本でも数少ないタイプのブリーディングを年数回行っています。
ニューヨーク、セントラルパークの「バルト」の像には次の碑文が添えられている。 "忍耐"、"忠実"、"知性"この三つの言葉は、 そり犬として生れた総てのS・ハスキーに捧げられた言葉でもある。


仔犬時代は一時、成犬は10数年の付合い、ミスマッチがおきない様に成犬の試験飼育は如何ですか?


レーシングタイプ ルーク 2000.6.2生れ




ケリーの子犬
ミックスのチットとナイス子犬時の2ショト


≪ 前回の子犬紹介 ≫
B・コリーポニーが3月23日、2頭の仔犬を出産しました誕生順と時間・性別は以下になります。
 第1子:19:30<ブラック&ホワイト>メス 430g
 第2子:20:30<ブラック&ホワイト>メス 420g
4月1日午前8時現在の体重は第1子が1025g、第2子が1020gでした。

第1子

第2子

≪  YMエンジェル犬舎  ≫
当犬舎生まれのレーシング・シベリアン活躍しています
おめでとう高山 ラスカ&ナッツンチーム
  • 2004年のギグレース年間ポイントランキング
    • 2DOGオープンクラス 高山良太 ラスカ&ナッシンチーム
      シルバークリスタルギグメダルを受賞しました。
  • 2004年JFSS日本犬ぞり連盟総合ランキング
    • 2DOGシニア 高山勇希 ラスカ&ナッシンチーム
      ゴールド盾を受賞しました。
第7回NOME TO JAPAN犬ぞり大会 in 湯沢での2DOGシニアクラス(2ヒート)での
成績で当犬舎は犬ぞりでもチャンピオンチームを出し二重の喜びです。昨年の仔犬
たちも活躍し、今年が楽しみです。


≪ 仔犬達の生い立ち ≫








前回のレーシングS・ハスキーの交配犬の紹介
父親 アークワン
ARC ONE YM ANGEL〜JP
× 母親 ニコテン
NIKOTEN OF Y.M. ANGEL JP

アークワン
両親はアラスカでリードドッグとして活躍し、日本に来たペンギン(オス)とスター(メス) の間に生まれた子犬で、両親のリーダー犬の素晴らしい素質を受け継いだアークワン は、第2回アラスカズカップin津南に10ヶ月で6頭引き、9.6km2日間レースに スィングドッグとしてデビューし、その後リーダー犬として活躍する。2000年に 放送されたアンビリバボー「バルト」ではバルト役で出演し、その子供のガイエルフが バルトの幼年期役をやる、ガイエルフはハスキーの中で唯一フリスビーを教えた犬で、 ウサギの回収シーンや他のシーンの演技を見事にこなしました。アークワンの子供は そり犬として活躍していますが、そり犬以外でもその能力を発揮し、活躍しています。 普段は良きコンパニオンアニマルとして飼養されています。アークワンは当犬舎のオスの基礎犬 として現役のそり犬として活躍しました。現在、アークジュニアーが活躍しています。

前回の仔犬紹介
ニコは当犬舎の将来の若いリードドッグで性格がフレンドリーの犬で、頭がよく、走るスピードが 抜群で美しい走りをします。今回が始めての出産になりますが、11月13日の朝に計った腹回りは 93cmもありました。10月10日のエコー検査で5〜6頭が確認されていましたが、10頭の出産は 当犬舎最高頭数でした。 何度も子犬の出産に立ち会ってきましたが、初産は特に緊張し神経も使いますが、第1子、第2子 は外出中の午後3時〜4時前後に生み気が付いた時点で蘇生を試みましたが、オスは虹の橋に 行ってしまいました。メスは30分の蘇生を試み生き帰りました。当犬舎の犬は夕方から夜間の 出産がほとんどで母親のニコも午前1時過ぎに生まれました。夜の出産に備え早めに色々作業 をやっている最中のことでした。以下誕生順と時間です。
(第1子〜第2子 ブラック&ホワイト オス・メス)
第3子17時30分<グレー&ホワイト>オス
第4子18時25分<グレー&ホワイト>オス
第5子19時55分<ブラック&ホワイト>オス
第6子21時50分<グレー&ホワイト>メス
第7子0時10分<ブラック&ホワイト>オス
第8子2時40分<グレー&ホワイト>オス
第9子7時45分<グレー&ホワイト>オス
第10子8時50分<グレー&ホワイト>メス


ブラック&ホワイト(オス)640g

ブラック&ホワイト(オス)580g

ブラック&ホワイト(メス)550g

グレー&ホワイト(オス)650g

グレー&ホワイト(オス)500g

グレー&ホワイト(オス)580g

グレー&ホワイト(メス)630g

グレー&ホワイト(オス)550g

グレー&ホワイト(メス)560g


第7子 ブラック(オス)

第5子 ブラック(オス)

第2子 ブラック(メス)

第4子 グレー(オス)

第3子 グレー(オス)

第8子 グレー(オス)

第10子 グレー(メス)

第9子 グレー(オス)

第6子 グレー(メス)

上の生まれて間もない写真の仔犬順に12月8日撮影した分を掲載しました。 11月27日に全ての仔犬の目が明き、動きも活発になり11月30日に離乳食を与え始めました。 食欲も旺盛で最近では親のニコの食器にも頭を入れ残りを食べる子もいます。 食べた後はじゃれ合い遊びながら噛みっこし社会勉強の序列争いを始めています。 お腹が満足すればバタンキューで眠ります。1日4回の6時間起きの離乳食に追われながら、 子犬の成長を見ています。仔犬を出せる事が出来るのは早くて今月末からになります。 仔犬を希望される方は連絡ください。今回でS・ハスキーの仔犬を取るのは15回目になり、 血統書の頭文字は英文字のOに成ります。

今回の子犬は今までと違う環境で育て、目が明き次第犬好きの子供から大人、大勢に 抱いてもらい人のぬくもりの良さと色々な人に接しさせながら育ててきました。 また、他の犬ともゲージ越しに接触させ、犬同士のコミュニケーションも取って 育ててきました。子犬はフレンドリーの良い子に育っています。 写真は2月13日(3ヶ月)に撮影したもので、体重は2月1日に測定。 血統証登録名は子犬の特徴、性格等より命名しました。